2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野柳海洋世界・あれっ?!結構楽しい?

海洋世界いるか
家 野柳海洋世界

住所・・・台北県萬里郷野柳村港東路167-3
電話・・・(02)2492-1111
時間・・・月~金 08:30-17:00
     土・日・休日 08:30-17:30
入場料・・・大人350元・110cm以上の子供300元
       110cm以下 無料
交通・・・台北駅から國光客運で一時間
     詳しくはサイトで確認ください
わかり次第、こちらにアップします。


最近本当に涼しくなってきましたよね。
小隊員たちは、いまだに”川に行きたい”などと言っておりますが、
烏来でもない限り、さすがにちょっと寒いかも。
ってな事で、今日は隊長が決めた、野柳海洋世界に行くことに。

野柳といえば、クレオパトラの横顔  こちらが有名ですが。


今日行くところはこのすぐ隣。
うちのアパートの警備員さんが"ここは面白いよ~"(推測)と言っていた
水族館? なの? と言うところ。

車から見えた海
朝からうだうだしていたので、出発が12時ちょうど。
子持ちは車だとケツが軽くて助かります。(おっと失礼。 絵文字名を入力してください

高速三号線から2号に入り、萬里玉田路から港東路へ。
台北から45分で海が見えてきましたよ。

さて、目的の野柳海洋世界の建物が見えまして。
駐車場はすぐ前に大きいのがあります。50元。
建物はなんとな~く・・・ショッパイ感じで。

海洋世界
入場料大人二人と子供一人で1000元は高いかな?と
この時点ではちょっとばかり思いましたね。

とりあえず、払ってから二階へ。
階段をベビーカーもって上がるのはちときつかったですが。
(ねぇ、隊長。)

イルカショー
  あがったところで、いきなりイルカのショーをやってました。
 1時からのショーが始まったところだったわけですね。
 結構見ごたえのあるショーで、小隊員たちは大喜び。
 中でも、イルカがプールから大きなボールを蹴飛ばして
 客席に蹴り入れるパフォーマンスに観客も興奮気味。


アザラシのショー
イルカの次はアシカ?アザラシ?のショー。
ステージ右にある飛び込み台から飛び込むのかなーと
思ったのだが、それはなかったな。
小樽水族館のトドみたいなのを期待していたのだが。
(ローカルだな)でもかわいらしい演技にまたまた大喜び。

その後、しばらく何も出てこなかったので
”イルカ、アシカで次はペンギンか?”と言ったところ、
隊長が”人間だったりして。ケケケ。”
 
あれれ? マジですか?? えぇえぇえぇ

お姉さんがた。シンクロ?!
どう見てもアジア系ではないお姉さんたちがプールサイドへと。

でもって、ボチャッと水の中へ。 えぇえぇえぇ

・・・イルカとおんなじプールでシンクロだよ。。。。ありえないでしょ・・・

ジャーンプ
いろんな意味でびっくりですが。
その後も何人だかわからない男衆3人組も出てきまして。
(後からロシア人だということが判明。すげーな。)

外からでも見えるたかーいポールからジャンプ。ひえぇぇ~

彼らはただのジャンパーではなく、三人で中国語で
コントらしきものもやっていたのである。
ハラショー、ロシアの三人衆。

かれこれ一時間のショーが終わり、三人衆と写真撮影したりして。
とりあえず、会場の外に出てみました。
標本

台湾の海にうちあげられたが、助けられなかった白イルカ、
せっかく生まれてきたのに死産だったアシカやイルカなどの
標本がありました。

2階には、魚の水槽もありましたが、・・・出目金? みたいな。
たいした魚の水槽がありません。
ショーは面白かったけど、ちーと高いかな???なんて思いながら
一階におり、チケットをもぎった所からお土産やさんのほうにもどりました。

土産屋を物色した後、反対側に出てみたところ・・・

あれっ? 地下にもなんかある?
そういえば、チケットは右と左にもぎる部分があったような。
よく見ると、右側が地下の水族館のものでした。

わかりにくー。 汗;

大して期待もせずに地下に降りていきました。
はじめはやっぱり出目金? 見たいなディスプレーでしたが。。。。

水族館
奥に入っていくにつれて、どんどん充実。 
大きな亀ばっかりたくさん入っている水槽や、
ピラニヤ、エイ、アロワナまで。 キラ目

かなりの数の水槽が、
洞窟風になっていてとてもおもしろい。

しかも、土曜日なのに空いてる。すごく。
これはいいかも。 結構涼しいし、特に夏は穴場なんじゃないの?

魚の水庭 一番奥のほうには子供が自由に触れる大きな水場が。

なまことうにと針の出るさかな

子連れには楽しい場所でした。
地下の水族館は、カップルでもいい感じです。
面白いところに連れて行ってもらいました。ありがとう 笑い。

このあと、外をぶらぶらしながら、有名な野柳風景特定区に行きましたが、
それはまた後日アップしますわな。

海洋世界、野柳風景特定区、あと翡翠湾横の漁港で買出し takoいか と
昼から出かけたにしては、なんとも充実の休日でした♪


                    にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
                  ↑ もっとたくさん台湾情報あるよ。 豚






関連記事
スポンサーサイト

コメント


v-104いつもアクティブに活動されてて尊敬ですぅ。こちさんのブログをガイドブックに、私も行動開始しなくては。これからも色々な情報期待していますぅv-34

ありがとうございます♪

◆Donkoさん
家にいると怪獣どもがうるさくてですねぇ・・・
それ以上に”静かにしなさーい!!”v-42
という私の声がうるさくてですねぇ・・・
そんな理由で出かけている、って感じですわ。
まだ書いてないとこたくさんあるんですの。
がんばりまーすv-82

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://taiwankids.blog118.fc2.com/tb.php/30-d502f6f4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。